スマートフォン版へ

JRA初勝利の藤田菜七子騎手に根本師「まずは良かった」

  • 2016年04月11日(月) 12時00分
 ついにこの時がやって来た。16年ぶり7人目のJRA女性ジョッキーとなった藤田菜七子=美浦・根本=が10日、福島9Rを単勝2番人気のサニーデイズで制し、中央デビュー51戦目にしてうれしいJRA初白星を挙げた。レースは2番手を追走。4角で先頭に立つと、そのまま力強く押し切った。

「スタートが良かったし、何かが行けばそれを見ながら行こうと思っていました。休み明けでしたが、すごく状態が良かった。相沢先生をはじめ、スタッフの方がうまく仕上げてくれたおかげです」と藤田菜は待ちに待った初Vに満面の笑みを見せた。

 サニーデイズを管理する相沢師は「落ち着いて乗れていたし、良かったね」と目を細めた。自身の弟子・石川が根本厩舎の管理馬で初勝利を挙げており、そのお返しにと騎乗を依頼。期待に応えた騎乗ぶりをたたえた。

 師匠の根本師もホッとした様子だ。「いつかは勝てるだろうと思っていたけど。まずは良かった」と笑顔。次週の福島でも現時点で15頭前後の騎乗依頼があるという。「ありがたい。チャンスがあればいろいろなところへ連れて行きたい」と、引き続き全面的なバックアップを約束した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す