スマートフォン版へ

中日新聞杯、グランリーオ初重賞制覇

  • 2005年12月10日(土) 15時30分
 10日、中京競馬場で行われた中日新聞杯(GIII・芝1800m)は、柴山雄一騎手騎乗の8番人気グランリーオ(牡5、美浦・笹倉武久厩舎)が、2番手追走から直線早めに先頭に立つと、スタートでやや出遅れながらも後方3番手から追い込んだ1番人気ダンスインザモアを1馬身抑え快勝した。勝ちタイムは1分46分4(良)。さらに1/2馬身差の3着には10番人気カナハラドラゴンが入り、2番人気コンラッドは6着に敗れた。

 勝ったグランリーオは、父サニーブライアン母エステーローザ(その父アンシェントタイム)という血統。3代母は75年のオークス2着馬ソシアルトウショウで、牝系にはマザートウショウ(93年クイーンC-GIII)などがいる。今年6月のエプソムC(GIII)2着などがあるが、重賞7度目の挑戦で初制覇となった。通算成績40戦7勝。サニーブライアン産駒は、03年愛知杯(GIII)を制したカゼニフカレテ(牡6、栗東・佐々木晶三厩舎)に続き、JRA重賞2勝目。

 鞍上の柴山雄一騎手は、地方・笠松から04年JRA騎手試験の1次試験を自力で突破。続く2次試験も合格し、05年3月1日付けでJRA騎手免許を取得している。JRA重賞は初制覇となる。管理する笹倉武久調教師は、ツインターボで制した93年オールカマー(GII)以来のJRA重賞制覇で、通算5勝目。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す