スマートフォン版へ

アルカセットの種付け権利募集を開始

  • 2005年12月13日(火) 13時00分
 12日、11月27日に行われたジャパンC(GI)を日本レコードで快勝して引退、門別町に建設中のダーレー・ジャパン・スタリオンコンプレックス(仮)で種牡馬入りするアルカセットの種付け権利募集が開始された。権利はリース方式で、1500万×60口の総額9億円。06年の種付料は250万円を予定している。

 アルカセットは、父Kingmambo母Chesa Plana(その父Niniski)という血統の米国産馬で、伯父に00年カドラン賞(仏G1)を制したサンセバスチャン San Sebastian(父Niniski)、叔母に99年ランカシャーオークス(英G3)勝ち馬のNoushkey(父Polish Precedent)がいる。05年5月のジョッキークラブS(英G2)で重賞初制覇を飾り、6月のサンクルー大賞典(仏G1)でG1初制覇。引退レースとなったジャパンCでは、89年の同レースでホーリックスが記録したレコードを16年ぶりに更新した。通算成績16戦6勝(G1・2勝、重賞3勝)。

 同馬は、現在英国に帰国しており、来年1月12日に再来日する予定となっている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す