スマートフォン版へ

キズナ 種牡馬になってもすごい!血統以外の驚異的な能力

  • 2016年06月28日(火) 12時30分
 栗東トレセンで取材中、北海道帰りの佐々木晶三調教師から興味深い話を聞いた。「やっぱりキズナはすごい。種牡馬として、間違いなく成功する」。

 佐々木師が手掛けたキズナは、第80代日本ダービー馬(13年)。馬名の由来は文字通り「絆」。東日本大震災からの復興へ向けて「心をひとつに」という思いを込めて名付けられた。日仏で通算14戦7勝。15年9月に現役を引退し、現在は北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬として繋養されている。

 種牡馬となったキズナ。一体、何がすごいのか?佐々木師によると、まずは“種付けに臨む姿勢”がすごいらしい。「とにかく腰が強い。普通、種付けの際には前脚を(繁殖牝馬の)肩に巻くんだけど、キズナの場合はそれがお腹のあたりなんだ。驚いたね。しかも、普通は首をかじってバランスを取るんだけど、キズナはき甲(馬の首と背の境にある膨らんだ部分)を噛んでいた。あんな馬は見たことがない」。

 確かに、その姿勢を保つには腰の強さが不可欠。また、柔軟性も必要だ。「現役の時から運動機能が高かった。トレセン内にはいくつか障害物があって、馬はよくそれにぶつかるんだけど、キズナは一度も当たったことがないものね」。引退時の馬体重は504キロあったが、その大きさを感じさせないしなやかさがキズナにはあった。

 次なるすごさは“受胎率”。この数字も驚異的らしい。「ノースヒルズグループ全体で既に21頭受胎していると聞いている。ノースヒルズでは15頭中14頭が受胎していて、あとの1頭は受胎確認中らしい。それが受胎していればパーフェクト。遺伝力が相当強いんだろうね。初年度ならば大体、7割付けばいい方。こんな数字は聞いたことがないよ」。種付けは7月上旬ぐらいまで行われるそうだが「どんどん付けているらしいから、今年は250頭ぐらいに付けるんじゃないかな」と佐々木師は推測する。生産者、特に小さな牧場にとって、受胎率の高さは種牡馬選択の大きなポイント。キズナは頼りになる種牡馬と言えるだろう。

 キズナ自身、血統も申し分ない。父はいまや大種牡馬となったディープインパクトで、母系も半姉にG13勝の名牝ファレノプシスがいる優秀さ。佐々木師は「ディープを少し改良したような血統だし、馬格があるのがいいよね。性格もいい。扱いやすさも強調材料じゃないかな」と評価する。

 生まれてくる子馬に対しては「とにかく気性が似てほしい」と願う佐々木師。現役時代のキズナは、オンとオフの区別がしっかりしていたそうだ。「普段は元気が有り余っていたけど、競馬モードになるとまるで猫のようだった。集中していたんだろうね。父親の気性は子どもにかなり受け継がれるものだし、そういう意味でキズナはウイークポイントが少ない、いい気性をしている。あの精神力を受け継いでほしい」と期待を込める。

 初年度産駒は19年にデビュー予定。佐々木師の夢はもちろん“父子ダービー制覇”だ。「キズナが1歳の時にキャンターで走る姿を見て“これはダービーを獲れる”と確信したんだ。あの時のワクワクした気持ちを、キズナの子でまた味わいたいな。産駒の中から間違いなくクラシックホースが出て来るだろうし、ダービーはもちろん、凱旋門賞(キズナは13年4着)も3、2、1着と成績を上げられるように僕も頑張りたいね。キズナの子で、まだまだ夢の続きを見られると思う」。父から子へとつながれる“絆”。キズナ2世とともに再び世界へとはばたくその日を、佐々木師は心待ちにしている。(デイリースポーツ・松浦孝司)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す