スマートフォン版へ

【札幌2歳S】岡田総帥トラスト超えるさらなる怪物の登場を示唆

  • 2016年09月04日(日) 06時00分
 「札幌2歳S・G3」(3日、札幌)

 札幌2歳Sを制した直後、オーナーの岡田繁幸氏は「この馬も強いけど、イギリスには違う馬を持って行こうと思っている」と言い放った。予定していたトラストの英国ダービー挑戦を撤回する理由になったのが、フリオーソ産駒のコスモス(牡、川崎・河津裕)の存在だという。

「よほど強い馬じゃないと通用しないけど、よほど強いですよ。すごく自信がある。追加登録の1200万も払う」。牧場の坂路で古馬のオープンを相手にせず、好時計を連発。今月中に能力試験を受け、10月上旬に川崎でベールを脱ぐ予定だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す