スマートフォン版へ

【JC】ゴールドアクター強気で挑む 吉田隼「この馬の競馬をする」

  • 2016年11月22日(火) 06時00分
 「ジャパンカップ・G1」(27日、東京)

 強気の姿勢で挑む。秋初戦のオールカマーを完勝した昨年末のグランプリホース・ゴールドアクターが、2度目のG1獲りを狙う。パートナーの吉田隼は「相手に合わせるつもりはない。この馬の競馬をする」と意気込む。

 鞍上が指す相手とは、レースの主導権を握るキタサンブラック。逃げればしぶといタイプだ。「前のキタサンブラックにプレッシャーをかけつつ、後続の末脚を封じる競馬ができれば」とシミュレーションする。キタサンとコンビを組むのは武豊。天才のレース運びに惑わされることなく、自分の競馬に徹する構えだ。

 イメージするのは昨年の有馬記念。スタートしてから1F目まで先頭を走り、その後は好位で折り合いをつけてゴール前で抜け出した。逃げはしなかったものの、前半でレースをつくった。「東京は直線が長い」としながらも、「競馬が上手な馬なのでどんな形になってもコンタクトは取れる」と期待の方がはるかに大きい。

 国内外G1・5勝のモーリスと同じスクリーンヒーロー産駒で大舞台に強い血統。父は08年にこのレースを制しており、史上5例目の父子制覇も懸かる。「とにかく勝ちたい」と吉田隼。この一戦にかける熱い思いが伝わってくる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す