スマートフォン版へ

同世代の2組が紡ぐストーリー 池田康宏厩務員と谷中康範厩務員

  • 2016年12月13日(火) 14時00分
「ほんまにかわいくて仕方がないんや。2歳の時からもう4年の付き合いやからな」。

 そう言ってスマホを取り出し、写真を見せてくれたのは、矢作芳人厩舎の池田康宏厩務員(58)だ。画面には、3日のイルミネーションジャンプSを勝った担当馬のタイセイドリーム(牡6歳)が、ウインクする愛らしい姿が写っていた。

「この馬は自分で道を切り開いたんや。芝も準オープン(1600万下)で頭打ちで。パワー型やからダートで、と思って使ったら、それもダメで…。地方に転厩とかなったらどうしようと心配していたら、障害で結果を出してくれてな」

 入障初戦こそ4着に敗れたが、2戦目で障害初勝利を挙げると、そこから3連勝で重賞の新潟ジャンプSを制覇。障害は7戦4勝、全レースで掲示板を確保するなど、安定感は抜群だ。6日に放牧に出たそうで
「中山競馬場のバンケット(上がり下がりの坂)もこなしたしな。来年の春は中山グランドジャンプJ・G1(4月15日・中山)が目標やね」と目を輝かせた。

 池田厩務員は、74年に競馬の世界に入ったこの道40年を超える大ベテラン。先日のタイセイドリームの白星が担当馬112勝目だという。「俺は昔から障害に縁があってな。初めて重賞を勝ったのも、松永善晴厩舎時代の京都大障害(84年5月5日・京都)。川村(禎彦)先生(元騎手で現調教師)が乗ったポットヒーローって馬でな」と、懐かしそうに目を細めていた。

 年齢を重ねるごとに、競馬界を去る同世代の仲間は増えていったが、今でも刺激し合える同期がいる。障害転向後8戦6勝のニホンピロバロン(牡6歳)を担当する田所秀孝厩舎の谷中康範厩務員(58)だ。池田厩務員は「同じ年に面接受けて合格した“栗東組”は、俺と谷中の2人だけなんや」と、当時を振り返っていた。

 今年の3月。2人は担当馬を伴い、中山競馬場にいた。レース前夜、競馬場近くの「酒処ミネ」で、ともにグラスを傾けた。「中山グランドジャンプを3連覇(05〜07年)したカラジのゼッケンがあったわ。スタッフが滞在中によくご飯を食べに来てたんやって。そこで谷中と“俺らもいつかここで一緒に大きなレースを走れたらいいな”と話をしたんや」と明かしてくれた。

 当時、タイセイドリームは障害転向プランこそあったが、入障前の身。それでも予感はあったのだろう。「来年春に実現できたらうれしいな」と声を弾ませた。その言葉が意味するのは無論、中山グランドジャンプ。その前に、ニホンピロバロンには中山大障害(23日・中山)が控える。「年末、谷中の馬には頑張ってほしいな」とエールを送っていた。

 それを受けた谷中厩務員は「俺の腕にかかってるな」と、言葉とは裏腹に控え目な笑顔を浮かべ「前走(京都ハイジャンプ2着)は太かったし、行きっぷりも悪かった。今度は頑張りたいね」と気を引き締めた。年末の大舞台で最高の輝きを放ち、来年はともに無事に約束の地へ-。人も馬も同世代の2組が紡ぐ物語には、どんな続きが待っているのだろうか。(デイリースポーツ・大西修平)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す