スマートフォン版へ

キタサンブラック1枠1番、サトノダイヤモンド6枠11番/有馬記念枠順

  • 2016年12月21日(水) 19時22分
 25日に中山競馬場で行われる、第61回有馬記念(3歳上・GI・芝2500m・1着賞金3億円)の枠順が、21日確定した。

 ファン投票1位に選出されたキタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎)は1枠1番からのスタートとなった。

 また、今年の菊花賞を制したサトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は6枠11番、昨年の覇者ゴールドアクター(牡5、美浦・中川公成厩舎)は1枠2番に入った。

 その他、ジャパンCで2着に入ったサウンズオブアース(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)は3枠6番、ジャパンCで3着のシュヴァルグラン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は7枠14番、春秋グランプリ制覇を狙うマリアライト(牝5、美浦・久保田貴士厩舎)は8枠16番となった。発走は15時25分。枠順は以下の通り。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-1 キタサンブラック(牡4、武豊清水久詞)
1-2 ゴールドアクター(牡5、吉田隼人中川公成)
2-3 ムスカテール(牡8、中谷雄太・友道康夫)
2-4 ヤマカツエース(牡4、池添謙一池添兼雄)
3-5 サムソンズプライド(牡6、横山典弘杉浦宏昭)
3-6 サウンズオブアース(牡5、M.デムーロ藤岡健一)
4-7 マルターズアポジー(牡4、武士沢友治堀井雅広)
4-8 ミッキークイーン(牝4、浜中俊池江泰寿)
5-9 ヒットザターゲット(牡8、田辺裕信・加藤敬二)
5-10 アドマイヤデウス(牡5、岩田康誠橋田満)
6-11 サトノダイヤモンド(牡3、C.ルメール池江泰寿)
6-12 サトノノブレス(牡6、V.シュミノー・池江泰寿)
7-13 デニムアンドルビー(牝6、M.バルザローナ・角居勝彦)
7-14 シュヴァルグラン(牡4、福永祐一友道康夫)
8-15 アルバート(牡5、戸崎圭太堀宣行)
8-16 マリアライト(牝5、蛯名正義久保田貴士)

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

 なお、今回の枠順は2014、15年同様に公開抽選が行われた。下記の流れで枠順が決定している。

1:馬番(1〜16番)の入ったボールがルーレットでA〜Pの枠に振り分けられる
2:スペシャルゲスト・NYヤンキースの田中将大投手が抽選ポットから馬名の入ったボールを選択
3:その馬の関係者がA〜Pの枠に収まっているボールを選び、中に入っている数字で枠順が決定
4:全馬の枠順が決定するまで2・3の繰り返し

選ばれた順番及び枠順は次の通り。

最初の抽選にはマルターズアポジーが選ばれ、武士沢友治騎手がFのボールを選択、4枠7番に決定した。
続いてデニムアンドルビーが選ばれ、M.バルザローナ騎手がDのボールを選択、7枠13番に決定した。
3番目はサウンズオブアースで、M.デムーロ騎手がMのボールを選び、3枠6番に決定した。
4番目はムスカテールで、中谷雄太騎手がAのボールを選び、2枠3番に決定した。
5番目はシュヴァルグランで、福永祐一騎手がKのボールを選び、7枠14番に決定した。
6番目はサトノノブレスで、V.シュミノー騎手がJのボールを選び、6枠12番に決定した。
7番目はアルバートで、戸崎圭太騎手がHのボールを選び、8枠15番に決定した。
8番目はアドマイヤデウスで、岩田康誠騎手がPのボールを選び、5枠10番に決定した。
9番目はミッキークイーンで、浜中俊騎手がNのボールを選び、4枠8番に決定した。
10番目はサムソンズプライドで、横山典弘騎手がIのボールを選び、3枠5番に決定した。
11番目はヤマカツエースで、池添謙一騎手がGのボールを選び、2枠4番に決定した。
12番目はサトノダイヤモンドで、C.ルメール騎手がLのボールを選び、6枠11番に決定した。
13番目はキタサンブラックで、武豊騎手がBのボールを選び、1枠1番に決定した。
14番目はヒットザターゲットで、田辺裕信騎手がCのボールを選び、5枠9番に決定した。
15番目はゴールドアクターで、吉田隼人騎手がEのボールを選び、1枠2番に決定した。
そして最後のマリアライト蛯名正義騎手がOのボールを選び、8枠16番となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す