スマートフォン版へ

【皐月賞】アルアイン大混戦をレコードV 松山祖父に捧ぐG1初戴冠

  • 2017年04月17日(月) 06時03分
皐月賞・G1」(16日、中山)

 単勝9番人気の伏兵アルアインが混戦の牡馬クラシック第1冠を奪取した。神戸市出身でデビュー9年目の松山弘平騎手(27)=栗東・フリー=は悲願の中央G1初勝利。2着はペルシアンナイトで池江厩舎のワンツーとなった。12番人気ダンビュライトが3着で3連単は106万円超の波乱決着に。1番人気に支持された牝馬ファンディーナは7着に敗れ、4戦目にして初黒星を喫した。

 人気馬も無敗馬もねじ伏せた。冷静な鞍上の手綱さばきに導かれ、アルアインが大混戦のクラシック第1弾を制した。

 目の前には1番人気の牝馬がいる。「ファンディーナを見ながら競馬ができればと思っていた」。松山は狙った通りのポジションを取った。勝負どころからはペースが急加速。それでも主戦は慌てなかった。馬場に脚を取られ手応えが悪くなっても、相棒を信頼した。

 直線は標的にした牝馬の内へ。「無我夢中だった」。同厩舎のライバルを差し切り、中央G1のゴール板を初めて先頭で駆け抜けた。昨年のスプリンターズSミッキーアイル)での頭差惜敗など、2着を3度味わった大舞台。交流G1での勝利(コーリンベリーでの15年JBCスプリント)はあるが、デビュー9年目、38戦目でようやく手にした中央G1の勲章だった。

「“ついにやったよ”と伝えたかった」。涙を腕で拭い、こぶしを何度も天に突き上げて空を見上げる。亡き祖父への報告だった。「ジョッキーになったきっかけが祖父。競馬場も連れて行ってくれたし、いつも一緒で。祖父に育ててもらったような、おじいちゃん子でした。病院で“僕がジョッキーになるまで死んじゃダメだよ”って泣いたのを覚えています」。その祖父は、松山が小学6年生の時に他界。「おじいちゃんの夢だったので。天国で喜んでくれたと思う」。G1ジョッキーになる。心に決めた約束を果たした。

 池江師も「絶好のポジションで流れに乗れた」と好騎乗をたたえる。オルフェーヴル以来2勝目となる皐月賞制覇に「長くかかったという感じ」と笑みを浮かべた。次は距離がさらに延びるダービーへ。「対応できるように調教でしっかりつくる」。トレーナーが気を引き締めれば、主戦も「折り合うし、心配していない」と力を込めた。2戦2勝の名コンビが、次はホースマン最大の夢に挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す