スマートフォン版へ

【NHKマイルC】キョウヘイ穴どれぬ伏兵 皐月賞1、2着輩出のシンザン記念V

  • 2017年05月03日(水) 06時05分
NHKマイルC・G1」(7日、東京)

 侮るなかれ。アーリントンC7着で人気急落のキョウヘイだが、もともとの狙いはこのレース。この中間、ハードトレでメンタルを強化し、本番へ向けて爪を研いできた。2走前のシンザン記念で重賞初制覇。6着アルアイン、3着ペルシアンナイト皐月賞でワンツーを決めており、その価値は高まった。ここ一番で豪脚を発揮し、再びファンをあっと言わせるとともに、ダービー出走への賞金も加算してみせる。

 全休日明けの2日。宮本師がハツラツとした表情で口を開いた。「きのうも行ってきたで。御金神社。パワースポットやからね」。年頭に“ダービー2頭出し”という目標を京都市にある同神社で絵馬に祈願。御利益に預かった?か、皐月賞クリンチャーが4着に好走し、優先出走権を獲得。願いは半分かなった。あとはキョウヘイがそれに続けるかどうか。現在、賞金順ではボーダーライン。「ここで2着まで来て出走を確定したい」と大願成就へ意気込む。

 アーリントンC7着後は在厩調整。G1へ向けて、ウイークポイントである“精神面の強化”を図ってきた。「プール調教や長めからのコース追いを交えて鍛え上げてきた。左回りも走らせたが、引っ張りきりで素晴らしい動き。この1カ月半の間に中身の濃い調教ができた」。前走だけで見限るのは早計。トレーナーの熱い口調がそう物語っていた。

 2走前のシンザン記念。8番人気の低評価ながらも、豪快な差し切りVで初タイトルを手にした。そこで負かした3着ペルシアンナイト、6着アルアイン、14着コウソクストレートが次戦で重賞レースを優勝。指揮官は「一緒に走った馬がG1でも活躍したからね。自信を持って臨みたい」と目を輝かせる。

 父リーチザクラウンは、不良馬場で行われた09年のダービー2着馬。G1には手が届かなかったが、種牡馬として産駒に長所を伝えている。「良でも走れるが、道悪ならなおいい。雨乞いしようかな」。再び御利益に預かれば、目指すダービーを前に、G1奪取も夢ではない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す