スマートフォン版へ

【日本ダービー】栗東レポート カデナ

  • 2017年05月24日(水) 16時46分
28日(日)に東京競馬場で行われる第84回日本ダービー(GI)に登録をしているカデナ(牡3、栗東・中竹和也厩舎)について、追い切り後の中竹和也調教師のコメントは以下の通り。

(ダービー当該週を迎えた今の気持ちは?)
「正直なところ、何とか無事にここまでやって来られたという感じです」

(調教過程を振り返って)
「1週前は最終追い切りに向けたリハーサル的な追い切りでした。やはりそれが上手くいきまして、今週は良い調教内容になりました。
 最終追い切りは一杯にという指示を出して、やってもらいました。満足いく内容でしたし、満足いく動きでした。
 万全に持って来られたと思いますし、競馬までしっかりとケアをして、良い状態で送り出したいです」

(ここまでの調整について)
「前走は競馬の1週前に一杯にやりまして、当該週は微調整程度でした。今回はそれを逆にして、前走以前の過程に戻しました。前走が今までとは違い、イレギュラーなケースでしたので、今回はいつも通りの調教内容に戻してみました。(馬もそれに)合わせてくれていると信じています」

(前走の皐月賞9着を振り返って)
「いつも通りの覇気がなかったということで、その調教過程が影響したのかなと反省していました。
 (弥生賞で見せたポテンシャルは高いと)そう思いますので、カデナ本来の力を発揮できるように持っていってあげたいです」

(今回のレースに向けて)
「折り合いがつく馬ですし、東京の2000mでも実績のある馬なので、あと400m・2ハロンが問題になることはないと思います。
 私にとっても騎手にとっても悲願のダービーとなりますが、カデナにとってはそれこそ一生に一回の、今回限りのチャレンジになります。良い状態で送り出したいと思っています。
 いろいろと責任を背負っていますし、重責を感じています」

(取材:米田元気)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す