スマートフォン版へ

コスモサンビーム、急性心不全で死亡

  • 2006年02月26日(日) 16時00分
 26日、阪神競馬場で行われた阪急杯(GIII)にて、最後の直線で競走を中止していた本田優騎手騎乗の2番人気コスモサンビーム(牡5、栗東・佐々木晶三厩舎)は、急性心不全を発症し、死亡したことが判明した。

 同馬は、父ザグレブ母ロビースレインボウ(その父Rainbow Quest)という血統。03年6月にデビュー。同年の京王杯2歳S(GII)、朝日杯FS(GI)を連勝し、最優秀2歳牡馬に選出される。04年のクラシック戦線では、皐月賞・4着、NHKマイルC・2着(ともにGI)と上位に入るが、日本ダービー(12着)後に左第一指節種子骨々折を発症し、長期の休養を余儀なくされる。05年関屋記念(GIII)で14ヶ月ぶりに復帰し、スワンS(GII)で約1年10ヶ月ぶりの勝利。今回はそれ以来4ヶ月ぶりのレースだった。通算成績16戦5勝(重賞3勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す