スマートフォン版へ

アドマイヤメイン、逃げて9馬身差圧勝

  • 2006年03月04日(土) 13時00分
 4日、阪神競馬場で行われた7R・3歳500万下(芝2000m)は、武豊騎手騎乗の1番人気アドマイヤメイン(牡3、栗東・橋田満厩舎)が、単騎で逃げをうち、2番人気アペリティフを9馬身差広げて圧勝した。勝ちタイムは2分00秒9(良)。さらに7馬身差の3着には4番人気マイネルオレアが入った。
 勝ったアドマイヤメインは、父サンデーサイレンス、母は97年クイーンS(GIII)を制したプロモーション(その父ヘクタープロテクター)という血統。昨年9月にデビューし、2戦目で初勝利。前走のきさらぎ賞(GIII)は5着に敗れていた。通算成績7戦2勝。

 中山7R・3歳500万下(ダート1800m)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気セレスケイ(牡3、美浦・和田正道厩舎)が3角手前から徐々に進出すると、ゴール手前で3番人気ジョウテンロマンを捕らえ、3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分54秒4(不良)。さらに3/4馬身差の3着には6番人気アドマイヤマントルが入り、1番人気に支持されたメジロパーシバルは5着に敗れた。
 勝ったセレスケイ父Arch、母Miss Aircraft(その父Marquetry)という血統の米国産馬。05年キーンランドエイプリルセールで13万ドルで落札されていた。05年12月の2歳新馬は3着に敗れたが、続く3歳未勝利(中山・ダート1800m)を7馬身差で圧勝していた。通算成績3戦2勝。

 阪神6R・3歳500万下(ダート1800m)は、川田将雅騎手騎乗の3番人気フレンドシップ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が、後方から徐々に進出し直線で先頭に立つと、1番人気サンライズレクサスに3.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分54秒9(稍重)。さらにクビ差の3着には2番人気ヤシャオーキセキが入った。
 勝ったフレンドシップは、父フレンチデピュティ母フレンドリービューティ(その父Stalwart)という血統。前走の3歳未勝利(小倉・ダート1700m)で初勝利を挙げていた。通算成績6戦2勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す