スマートフォン版へ

E.ダシルヴァ騎手(加)が優勝 チーム対抗戦はJRA選抜の勝利/WASJ

  • 2017年08月27日(日) 16時53分
 27日、札幌競馬場で「2017ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」の後半2レースが行われた。

 前日の第2戦終了時点では、第1戦6着、第2戦1着の戸崎圭太騎手(美浦)が38ポイントで首位となっていた。

 札幌10Rで行われた第3戦(3歳上・1000万・ダ1700m)は、J.モレイラ騎手(香港)騎乗の3番人気メイショウバッハ(牡4、栗東・南井克巳厩舎)が逃げ切り勝ち。2着は武豊騎手(栗東)騎乗の1番人気ディープオーパス(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)、3着はM.デムーロ騎手(栗東)騎乗の2番人気ディアコンチェルト(牡5、美浦・高木登厩舎)だった。

 そして札幌12Rで行われた最終第4戦(3歳上・1000万・芝1800m)は、E.ダシルヴァ騎手(加)騎乗の4番人気ルグランフリソン(牡4、栗東・中竹和也厩舎)が好位追走から押し切ってV。2着は武豊騎手騎乗の13番人気ギブアンドテイク(セ6、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)、3着はA.クラストゥス騎手騎乗の14番人気ケージーキンカメ(牡6、栗東・飯田雄三厩舎)だった。

 この結果により、初日の第1戦10着、第2戦3着に続き、第3戦11着、第4戦1着としたE.ダシルヴァ騎手(加)が合計47ポイントを獲得して優勝を果たした。2位は45ポイントで戸崎圭太騎手(美浦)と、福永祐一騎手(栗東)が並んだ。

 また、出場騎手を「外国騎手・地方競馬代表騎手チーム(WAS選抜)」と「JRA代表騎手チーム(JRA選抜)」に分けて行われるチーム対抗戦は、WAS選抜チームが210ポイント、JRA選抜チームが238ポイントで、JRA選抜チームの勝利となった。最終成績は以下の通り。

【最終成績】

1位 ユーリコ・ダシルヴァ(加) 47
2位 戸崎圭太(美浦) 45
2位 福永祐一(栗東) 45
4位 ジョアン・モレイラ(香港) 44
5位 武豊(栗東) 42
6位 クリストフ・ルメール(栗東) 36
7位 中野省吾(船橋) 32
8位 田辺裕信(美浦) 29
9位 アントニー・クラストゥス(仏) 28
10位 ケイトリン・マリヨン(豪) 25
11位 ケリン・マカヴォイ(豪) 24
12位 内田博幸(美浦) 23
13位 ミルコ・デムーロ(栗東) 18
14位 トム・クウィリー(英) 10

※ポイントは各レースとも、1着30点、2着20点、3着15点、4着12点、5着10点、6着8点、7着6点、8着4点、9着2点、10〜14着1点

※結果は主催者発表のものと照合してください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す