スマートフォン版へ

【セントライト記念レース後コメント】ミッキースワロー横山典弘騎手ら

  • 2017年09月18日(月) 18時10分
中山11Rの朝日杯セントライト記念(3歳GII・芝2200m)は2番人気ミッキースワロー(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒7(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気アルアイン、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気サトノクロニクルが入った。

ミッキースワローは美浦・菊沢隆徳厩舎の3歳牡馬で、父トーセンホマレボシ母マドレボニータ(母の父ジャングルポケット)。通算成績は6戦3勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ミッキースワロー(横山典弘騎手)
「ゲートに入るのを渋ってスタートがもう一つでしたが、うまく馬群を捌いてアルアインの後ろにつけることができました。最後もアルアインに並んだら、いい脚を使ってくれると思っていましたが、思いのほか簡単に抜かすことができました。馬もだいぶしっかりしてきて成長しているし、菊花賞が楽しみです」

(菊沢隆徳調教師)
「ジョッキーも稽古で乗っているし、馬込みでも折り合いはつくと思っていました。アルアインについていって、あんなに追いかけて大丈夫かと心配しましたが、いい脚を使ってくれました。まだ子供っぽいところがありますが、少しずつ成長していると思います。オーナーも了解してくれて、馬が無事なら菊花賞へ行きたいと思います」

2着 アルアイン(C.ルメール騎手)
「休み明けでコンディションが100%ではありませんでした。ですから反応も100%ではありませんでした。でも伸びていますし、これを使ってもっとよくなります。距離も大丈夫です」

3着 サトノクロニクル(M.デムーロ騎手)
「反応はとても良かったのですが、直線でスペースがありませんでした。スムーズだったら2着はあったと思います」

4着 スティッフェリオ(北村友一騎手)
「外枠だったので、どうすれば上位に来れるかを考えて、出していきました。夏よりも馬が良くなっていますし、よく頑張っています」

5着 プラチナヴォイス(内田博幸騎手)
「ゲートで待たされて、中では立ち上がったり、走る前に体力を消耗してしまいました。力のある馬なのに、その力を出していません。走る馬です」

6着 サンデームーティエ(吉田豊騎手)
「自分の形でいけました。もう少しペースを上げても良かったかもしれません」

9着 クリンチャー(藤岡佑介騎手)
「押して押して先行できましたが、4コーナーでは手応えがありませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す