スマートフォン版へ

レイデオロ、神戸新聞杯厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2017年09月21日(木) 17時15分
 ダービーレイデオロ(牡3・美浦・藤沢和雄)が、神戸新聞杯(GII・阪神芝2400m)に向けてウッドチップコースで2頭併せの追い切りを行った。藤沢調教師と追い切りに騎乗したルメール騎手のコメント。

藤沢調教師
「前走(日本ダービー・GI・1着)は、ゆったりした流れになりましたが、うまく立ち回って強い競馬をしてくれました。レース後は牧場で夏休みを過ごして、およそ1か月前に帰厩しています。元々調教で速い時計は出していませんが、今週(9/21)の追い切りは馬がのんびりしていて、道中はあまり進まなかったのでルメール騎手が気合いを入れていました。これで良くなってくるでしょう。

 普段から落ち着いている馬でしたが、夏を越してさらに扱いやすくなって、春よりも体が10キロほど増えて大人になりました。牧場への移動など輸送を何回も経験していますし、阪神は大きな競馬場なので大丈夫だと思います。秋初戦となりますが、ダービー馬にふさわしいスタートを切れれば良いですね」

ルメール騎手
「今日はフットワークと息の感じが良かったです。長い休み明けなので、コンディションは100パーセントではないですが、エンジンは良いので自信は持っています。ダービーと比べて体も大きくなっていますし、精神的にも大人になっています。春先はまだ子供でしたが、今日の追い切り前の様子も以前よりリラックスしていました。阪神は初めてになりますが、外回りで直線の長いコースは良いですね。スタートは遅い方ですけど、瞬発力を使ってくれる馬です。

 ダービーはとてもスローペースで途中から2番手に上がっていって、それまでと違う競馬になりましたが、今回は良いペースで流れてくれれば、後ろから伸びてきてくれるでしょう。ダービーでは素晴らしい能力を発揮してくれましたし、今年の3歳ではトップホースです。もちろん自信はあります。距離の2400mはベストだと思いますし、スムーズなレースをして次のGIに向かっていければ良いですね」

(取材・写真:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す