スマートフォン版へ

豪州移籍のトーセンスターダムがGIで現地初勝利!

  • 2017年10月14日(土) 16時20分
 14日、オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたトゥーラックH(GI・芝1600m・1着賞金30万豪ドル)で、栗東・池江泰寿厩舎から現地のD.ウィアー厩舎へ移籍していたトーセンスターダムが待望の現地初勝利を挙げた。

 出走馬中で一番重い57.5kgの斤量となったトーセンスターダムはD.レーン騎手が騎乗。中団からレースを進め、4コーナーから直線入り口で外から進出し、レーン騎手の風車鞭に応え最後は2着のソヴリンネーションに1馬身差をつけ優勝。タイムは良馬場で1:35.86。

 トーセンスターダム父ディープインパクト母アドマイヤキラメキ(その父エンドスウィープ)の6歳牡馬。母の半弟に2011年の天皇賞(秋)をレコード勝ちしたトーセンジョーダン(父ジャングルポケット)、2012年のダービー3着馬トーセンホマレボシ(父ディープインパクト)がいる。2012年の1歳セレクトセールで2億6250万円(税込)の最高価格で取引された。

 国内所属時には中央競馬と豪州で16戦5勝、豪州移籍後もGI戦線で惜しい競馬が続いていたが、ここで待望の現地初勝利をGIで飾った。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す