スマートフォン版へ

菊花賞ダイジェスト/勝ちタイムは3分18秒9(不良)

  • 2017年10月22日(日) 19時15分
2017年 菊花賞(GI・京都芝3000m/天気:雨/馬場:不良/18頭立て)

 17番プラチナヴォイスがスタートで大きく出遅れ。2番ウインガナドルがハナを切り、1馬身半差で7番アダムバローズ、さらに1馬身半差で3番スティッフェリオと10番ベストアプローチが続き、その外に18番マイスタイルが上がってきた。1馬身差で5番トリコロールブルー、その外に15番ダンビュライト、2頭の間に11番サトノクロニクル、直後に14番ポポカテペトルと16番アルアインが続く。2馬身開いて9番クリノヤマトノオー、その外に12番ミッキースワロー、1馬身差で4番クリンチャー、さらに1馬身差の外に13番キセキがいる。1馬身半差で6番マイネルヴンシュ、1馬身差で8番サトノアーサー、さらに2馬身差で1番ブレスジャーニーが続き、一頭離れた最後方がプラチナヴォイスとなった。

 各馬内を空けて走りながら、1周目のスタンド前へ。ここでマイスタイルがハナを奪ってリードを広げていく。スタートで行き脚がつかなかったクリンチャーも外からポジションを上げていこうとしている。1000mの通過タイムは64.1秒。2周目向正面でマイスタイルは力尽きてズルズルと後退。3〜4コーナーではダンビュライトクリンチャーが前に出て、その外にミッキースワローアルアイン、さらにキセキも続く形で最後の直線を迎える。

 直線に入ってダンビュライトクリンチャーが競り合い、その内からポポカテペトルが迫ってきた。クリンチャーの外のアルアインミッキースワローキセキマイネルヴンシュも懸命に前を追う。残り200mを切ってクリンチャーがわずかに前に出たが、ここでキセキが外から一気に突き抜けた。キセキはその勢いのまま、クリンチャーに2馬身差をつけてゴール。見事クラシック最後の1冠を掴んだ。

 3着はゴール前で再びクリンチャーに迫ったポポカテペトル(ハナ差)。以下4着マイネルヴンシュ、5着ダンビュライトミッキースワローは6着、アルアインは7着となった。勝ちタイムは3分18秒9(不良)。超のつく不良馬場で、例年より10秒以上遅い決着となった。3分10秒以上の決着は1975年、今回より時計がかかったのは1946年までさかのぼる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す