スマートフォン版へ

【天皇賞】サトノクラウン首差惜敗2着…キタサンブラックに連勝ならず

  • 2017年10月30日(月) 07時30分
 「天皇賞(秋)・G1」(29日、東京)

 G1馬8頭が集結した雨中の大激戦を、力強く制したのは1番人気のキタサンブラック武豊が出遅れを挽回する鮮やかな手綱さばきを披露し、宝塚記念9着からの復活Vに導いた。2着は2番人気のサトノクラウン、3着には13番人気のレインボーラインが入った。

 懸命の追い上げも届かず。2番人気のサトノクラウンは2着に敗れ、前走の宝塚記念に続く“ブラック退治”はならなかった。中団の少し前から徐々に押し上げて好位へ。直線は先に抜け出した勝ち馬の内へ潜り込んだ。水しぶきを上げながら猛然と末脚を伸ばし、ゴール前はマッチレースに持ち込んだものの、わずか首差及ばなかった。

 M・デムーロは肩を落としつつも、「よく頑張ってくれた。馬場も他の馬と比較すると大丈夫だったし、手応えがなくなりそうだったけど、ファイトバックしてくれた。ただ、勝ち馬が止まらなかったね」とパートナーの頑張りをたたえていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す