スマートフォン版へ

名ステイヤー、メジロマックイーン死す

  • 2006年04月03日(月) 20時00分
 3日17時15分、91・92年の天皇賞・春(GI)連覇など活躍し、種牡馬として浦河町・社台スタリオンステーション荻伏で繁養されていたメジロマックイーン(牡19)が、心不全のため同場で死亡したことが明らかになった。

 メジロマックイーンは、父メジロティターン母メジロオーロラ(その父リマンド)という血統で、兄に86年菊花賞、87年有馬記念(いずれもGI)を制したメジロデュレン(牡22、父フィディオン)がいる。現役時代は栗東・池江泰郎厩舎に所属。90年菊花賞(GI)でGI初制覇を飾り、91年天皇賞・春を制して、祖父メジロアサマ父メジロティターンに続く天皇賞父仔3代制覇を達成し、翌年も同レースを制して史上初の同レース連覇を成し遂げた。さらに93年宝塚記念(GI)で4年連続となるGI勝利を挙げるなど、一時代を築いた。同年の京都大賞典(GII)で勝利を挙げ、獲得賞金10億円を突破して現役を引退。通算成績21戦12勝(重賞9勝)。

 94年から種牡馬入りし、98年クイーンC(GIII)を制したエイダイクイン、01年フラワーC(GIII)のタイムフェアレディなどを輩出した。

 また、亡くなった4月3日は同馬の満19歳の誕生日(1987年生)であった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す