スマートフォン版へ

リアルインパクト、ネオリアリズムの近親インディチャンプがデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2017年12月25日(月) 18時00分
 今週でメイクデビュー情報の毎週更新は終了。明け3歳からは「今週のメイクデビュー」はなくなるが、メイクデビュー自体は2回中山、1回阪神の開催まで続く。よって、明け3歳のPOG話題馬や良血馬などのデビュー情報については、栗東トレセンニュースで取り上げていきたい。

【12月28日(木) 阪神ダート1800m】

・メイショウテンモン(牡、父ディープブリランテ、母テンザンコノハナ、栗東・松永昌博厩舎)

 母は現役時代に同厩舎で管理され、ダート中距離で4勝。そんな血統背景もあり「ダート適性が高そう」と松永昌博調教師。ゲート試験では、2F目のダッシュ力が上々で、短い距離にも対応できそうな器用さを見せた。

 追い切りでは、12月13日のCWコースが速い時計。6F80.2秒は評価できても、終いの13.6秒はひと息。ただ初めてのトラック馬場での追い切りを道中から速いラップで追走していったことがその原因だろう。12月20日の栗東坂路では4F52.8秒、1F12.2秒。この動きを見ると、13日の追い切りでしっかりと負荷がかかり、動ける状態が整ってきたという感じだろうか。将来的にはもう少し短い距離がベストな印象も受けるが、この距離でも新馬戦なら仕上がり、能力ともにトップ。鞍上は幸英明騎手を予定している。

・アルジェント(牝、父Shamardal、母サマナケイ、栗東・安田隆行厩舎)

 日本で活躍する父産駒にはフランスのモントルトゥー賞を勝ったエイシンエルヴィンなどがいる。入厩当初は安田隆行調教師のトーンもさほど高くなかったが、ここにきて「順調ですし、追い切るごとに良くなっていますね」と上昇中。

 12月21日のCWコースでは新馬ナイトレインを追走して...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す