スマートフォン版へ

上村師“スリープレス級”の名馬追い求める! 角居厩舎で研修開始

  • 2018年02月20日(火) 07時00分
 JRAは19日、東京・港区の六本木本部で、2018年新規調教師5人、新規騎手3人の免許交付式を行った。その後の共同会見で、上村洋行調教師(44)=栗東=は、騎手時代からの夢がかなった喜びと現在の心境を語った。

 騎手時代、08年のスプリンターズSスリープレスナイトに騎乗し、G1初制覇。通算570勝の成績を残してターフを沸かせた上村師も、競馬人生のリスタートには緊張した面持ちだ。

 調教師としての活躍を夢見て、14年に一念発起。栗東の池添兼厩舎で下積みを重ね、この日晴れて免許を交付された。「交付式を経て、調教師(試験)に合格できたんだと、改めて実感した」と素直な気持ちを口にした。

 立場が変わっても、名馬の背の感触を追い求める。「思い出深い馬はサイレンススズカスリープレスナイトです」。その部門では抜けた能力を見せた馬を知る新人トレーナーは「働きやすい厩舎をつくって、(人馬に)最大限の能力を引き出させてあげたい」と抱負を語った。

 今後は技術調教師として、日本が誇るトップトレーナーの一人、角居師のもとで研修する。今年1月、21年2月をもって厩舎の解散を明かした名門厩舎の技術を習得し、頂点を目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す