スマートフォン版へ

2歳王者ダノンプレミアムと大器ワグネリアンが激突/弥生賞の見どころ

  • 2018年02月26日(月) 10時02分
 無敗の2歳王者ダノンプレミアム、クラシック候補の呼び声高い大器ワグネリアンが始動。この2頭の一騎打ちとなるか、それとも割って入る馬が現れるか。注目の一戦、出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■3/4(日) 弥生賞(3歳・GII・中山芝2000m)

 ダノンプレミアム(牡3、栗東・中内田充正厩舎)は新馬戦、サウジアラビアRC朝日杯FSと無傷の3連勝を飾り、最優秀2歳牡馬に輝いた。いずれも好位から楽に抜け出しての圧勝で、スピード・レースセンスともに申し分がない。今回は2000mへの距離延長が課題となるが、問題なく突破して本番に向かってほしいところだ。

 ワグネリアン(牡3、栗東・友道康夫厩舎)も新馬戦、野路菊S東京スポーツ杯2歳Sと無傷の3連勝中。中京の新馬戦で、古馬も含めた中京競馬史上最速の上がり(32秒6)をマークするなど、3戦全てで圧倒的なパフォーマンスを見せており、その素質は底が知れない。本番を前に2歳王者との対決となったが、これを制して4連勝を飾れるか。

 オブセッション(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は新馬戦、シクラメン賞と2連勝。2戦目のシクラメン賞では2歳日本レコードをマークしており、こちらも大物感はたっぷり。前評判は前述2頭の方が上だが、これらを破ってクラシックに名乗りを上げられるか。

 その他、ホープフルSで2着のジャンダルム(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)、同4着のサンリヴァル(牡3、栗東・藤岡健一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す