スマートフォン版へ

香港競馬史上初、芝2000mで2分の壁突破 1999年以来のレコード更新

  • 2018年02月26日(月) 17時35分
 25日、香港・シャティン競馬場で行われた香港ゴールドC(GI・芝2000m)はZ.パートン騎手騎乗のタイムワープ(セ5、香・A.クルーズ厩舎)が1:59.97(良)の時計で逃げ切り優勝。1999年のクイーンエリザベスII世C(GII・シャティン・芝2000m)でジムアンドトニックがマークした2:00.10(良)のレコードを19年振りに更新した。香港競馬の芝2000mで2分を切るタイムは史上初。

 勝ったタイムワープ父Archipenko、母Here To Eternityその父Stormy Atlanticという血統。昨年12月の香港C(GI・シャティン・芝2000m)では日本のネオリアリズムらを相手に逃げ切った。

 2着は香港ダービー馬・ワーザー、3着はシーズンズブルーム。久々の戦線復帰が注目されていたパキスタンスターは4着となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す