スマートフォン版へ

ガンコが連勝で重賞初制覇! 菊花賞馬キセキは9着/日経賞

  • 2018年03月24日(土) 15時50分
 24日、中山競馬場で行われた日経賞(4歳上・GII・芝2500m)は、ハナを切って2周目で一旦2番手に控えた藤岡佑介騎手騎乗の3番人気ガンコ(牡5、栗東・松元茂樹厩舎)が、最後の直線入り口で再び先頭に立って後続を引き離し、2着の7番人気チェスナットコート(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分33秒9(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に6番人気サクラアンプルール(牡7、美浦・金成貴史厩舎)が入った。なお、2番人気トーセンバジル(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)は5着、1番人気キセキ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)は9着に終わった。

 勝ったガンコは、父ナカヤマフェスタ母シングアップロック、その父Singspielという血統。前走の松籟S(1600万下)に続く連勝で、初めての重賞制覇を果たした。また、本馬は4月29日に京都競馬場で行われる天皇賞(春)の優先出走権を獲得した。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す