スマートフォン版へ

格よりも若さと順調さを重視したい/ダービー卿CT展望

  • 2018年03月28日(水) 06時00分
 ハンデ戦で、本番にはまだ少し間もあるが、ダイワメジャーショウワモダントウケイヘイローモーリスのように、ここからGI戦線に羽ばたいていった馬も少なくない。近年重要性が増しているレースと言っていいだろう。

1.格は関係ない

 過去10年間で、前走重賞からの臨戦馬が4勝、前走オープン特別が3勝、準オープンが3勝とほとんど五分の成績。連対率で言うと、それぞれ11.0%、9.8%、33.3%となって、分母が小さいぶん準オープン組の良績が目立つ。

2.勝つのは4歳馬か5歳馬

 過去10年で4歳馬が3勝、5歳馬が6勝。2着もこの2世代で7回と、高齢馬はなかなか勝ち負けになっていない。6歳以上の馬は馬単、三連単の2、3着付けまでにして、1着候補には若い馬を置くのがセオリー

3.休み明けは苦戦

 過去10年で2か月半以上の休み明けでこのレースに臨んだ馬は[0-0-2-27]。マイルCS阪神Cなど格上レースからの臨戦馬も含めて、連対した馬はいない。実績馬の格下がりが通用しないレースであり、順調に使われている馬が主力になる。


 前走準オープン勝ちの5歳馬、ヒーズインラブに注目したい。関西馬ながら中山マイルを得意にしていて、これまで当コースでは[2-1-1-1]。毎年暖かくなるこの時期に調子を上げる馬で、1年前に当コースで準オープンを勝ったときのタイムは、重賞・オープン特別を含めた昨春の中山開催でナンバーワンだった。ハンデ戦なら重賞でもまず好勝負になる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す