スマートフォン版へ

【大阪杯】シュヴァルグラン陣営「もう調教は動かない馬じゃない」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2018年03月27日(火) 20時00分
 シュヴァルグランが2000mを走るのは3歳の夏、500万下条件を走って以来となりますね。陣営はこれを不安視しているのでしょうか? 調教パートナーの大江助手に伺ったところ「展開ひとつだと思いますね」という答えが返ってきました。

「最近は走っていない距離というのはありますね。ただ、馬自体の操作性は高くて素直なので、競馬に対して戸惑うことはないと思います。レースの流れが緩くなってよーいドンの競馬になると合わないと思います。でも、今回はある程度メンバーもそろっていますからね。ある程度流れてくれれば、シュヴァルグランのスタミナや操作性の良さがいきてくると思います」

 シュヴァルグランは昨年秋、ジャパンカップを勝ったことでひと皮むけた印象があります。どのあたりが変わったのでしょう?

「もともと、とても賢い馬なんです。人間が求めたことしかやらないので、そのあたりを意識して調教で気を抜かせないように工夫してきました。すると馬もよく応えてくれました」

 確かに! シュヴァルグランといえば調教は動かない馬というレッテルが貼られていましたけど、それはもう過去のことと言えそうですね。

「今でもGIを使う馬にしては調教は動かないほうだとは思います。でももう、調教はまったく動かない馬、というレッテルははがしてもらっていいと思います」

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す