スマートフォン版へ

【大阪杯】ウインブライトが“進化”発揮 ステップアップで再びG1舞台へ

  • 2018年03月28日(水) 08時00分
 「大阪杯・G1」(4月1日、阪神)

 上昇度はメンバー中で1、2を争う。G1馬がそろった中山記念を制し、波に乗っているウインブライトがG1初Vを狙う。昨秋から心身ともに成長し、重賞の舞台で結果を残してきた。G1はクラシックで皐月賞8着、ダービー15着と結果を残せていないものの、今の勢いは無視できない。また、1000万下-準オープン-小倉大賞典と3連勝中のトリオンフも最大の上り馬として注目が集まる。

 着実に力をつけている。中山記念で3つ目の重賞タイトルを獲得したウインブライトが、念願のG1制覇に挑む。畠山師は「ここまで一段ずつ確実に階段を上がってきた。なかなかうまくはいかないものだが、この馬はしっかり上がってくれている」と目を細める。

 G1初挑戦となった皐月賞は8着に敗れ、ダービーは15着と見せ場すらつくれなかった。立ちはだかるG1の壁。3歳春の時点では乗り越えることはできなかった。しかし、ここにきて成長。昨秋に福島記念を制し、前走の中山記念では同期のG1馬アエロリットペルシアンナイトを破ってVをつかんだ。

 「2、3歳時はいかにも子どもっぽい体つきだったが、それが少しずつ抜けてきた。だいぶしっかりしている」と師は説明する。まだ進化の途中で完成したわけではない。ただ、G1で戦えるだけの下地はできた。「今回は皐月賞ダービーで一緒に戦った相手がそろっている。当然、その馬たちも上向いているだろうが、こちらもあの時とは違うからね」と変わり身があることを強調した。

 舞台は阪神芝2000メートル戦。「これまで小回りの福島、中山で結果を残しており、それだけに内回りの阪神はいいと思う」と師はコースを歓迎した上で、「期待している」と力を込める。クラシックで屈辱を味わってから11カ月が経過。大きな進化を遂げてG1の舞台に戻ってきた上り馬が、同期のライバル、先輩の実績馬に挑戦状をたたき付ける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す