スマートフォン版へ

シュヴァルグラン三浦騎手「今までで一番勝ちを意識しています」/大阪杯共同会見

  • 2018年03月28日(水) 14時00分
シュヴァルグランに騎乗予定の三浦皇成騎手

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
三浦 坂路で追い切ったんですが、前の馬を2馬身ほど追いかけて残り2ハロンくらいから仕掛けて、最後はしっかり動かして欲しいということでした。そのとおりの追い切りが出来ましたし、僕が思っていた以上に動きも良かったのでいい追い切りだったと思います。

――シュヴァルグランに騎乗されたのは、今日で2回目ですか?
三浦 いえ、先週の追い切りの前に栗東に来た時に乗せてもらいました。追い切りではなく、普通のところだったのですが。今日で3回目ですね。

――初めて乗ったときの印象は?
三浦 乗りやすいし、こちらの指示にもしっかり対応してくれて本当に扱いやすい馬だなという印象があります。

――先週と比べて、今朝の動きの印象は?
三浦 跨った時から先週以上に気持ちも乗っていました。実際、追い切りの動きも走り方も、先週よりまたひとつ上がったなという感じがしました。

――あまり調教駆けする馬ではないという評判もありましたが、そのあたりは?
三浦 今日はしっかり動けていました。余力十分であそこまで動けていました。僕は前走と比較はできませんが、状態の良さを感じます。何も心配なく競馬に向かえると思ってます。

――これまでライバル馬として見ていたシュヴァルグランの印象は?
三浦 乗りやすいんだろうな、というふうに見ていました。長くいい脚が使える馬だなというイメージはずっと持っていました。まだ調教だけですけど、乗った印象はイメージどおりの馬でしたね。

――阪神の芝2000mというのは?
三浦 この馬の武器は東京の2400mで示したとおり、長くいい脚が使えることです。2000mという条件は過去の競馬から見てもベストではないと思います。ただ、能力的に見るとライバルたちを見ても上だと思うので。僕はこの条件で乗せてもらう以上、ベストかベストじゃないかというのは関係ないので。任せられているのは勝つことだと思うので、自信を持って乗りたいな、と思っています。

――三浦騎手にとって初のGI制覇がかかっていますが、そのあたりは?
三浦 いつもGIを勝ちたいという気持ちは強いです。ただ、今回は本当に今のトップクラスの馬を任せていただいて、本当に今までで一番勝ちを意識しているレースではあるので、その期待にも応えなければいけませんし、しっかり責任感を持って手綱を取りたいなと思っています。

――大きな怪我をされて苦しい時代もあったかと思いますが、こういう舞台を夢見て頑張ってこられたのではないでしょうか?
三浦 そうですね。1年間離れていたので、こういった緊張感を今は楽しんでいるといっては変かもしれませんが、味わいながら騎手として頑張っています。

――ドバイにいらっしゃる佐々木オーナーにいい報告をしたいですね。
三浦 はい、いい報告ができるように頑張りたいです。…そうですね、頑張ります。

――最後に抱負を。
三浦 今回は初めてシュヴァルグランの手綱を取らせていただきます。しっかり自信を持って乗りたいと思いますので応援よろしくお願いします。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す