スマートフォン版へ

シンガポール航空国際C、コスモバルクが優勝

  • 2006年05月14日(日) 22時00分
 14日、星・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m)は、五十嵐冬樹騎手騎乗のコスモバルク(牡5、北海道・田部和則厩舎)が道中2番手追走から直線抜け出し、大外から追い込んだキングアンドキング King and Kingに1.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分06秒56。さらにアタマ差の3着にはボウマンズクロッシング Bowman's Crossing、また高岡秀行調教師が管理するダイヤモンドダスト Diamond Dustは5着に入った。

 勝ったコスモバルクは、父ザグレブ母イセノトウショウ(その父トウショウボーイ)という血統。03年8月にデビューし、4戦2勝の成績を収めると、地方所属のまま百日草特別(2歳500万下)、ラジオたんぱ杯2歳S(GIII)、04年弥生賞(GII)と中央3連勝を達成。地方馬初のクラシック制覇を目指し挑んだ皐月賞(GI)は直線鋭く追い込んだものの2着に惜敗し、続く日本ダービー(GI)も8着に敗れた。地元の北海優駿を制して挑んだセントライト記念(GII)をレコードで快勝、ジャパンC(GI)でも2着と健闘し、実力の片鱗を見せた。05年シーズンは不振が続き、今年初戦の日経賞(GII)でも2番人気に推されながら8着に敗れていた。海外挑戦は05年チャンピオンズマイル(香G1-10着)以来となる2戦目で、1年8か月ぶりの勝利を海外G1制覇という快挙で飾った。通算成績22戦8勝(うち海外2戦1勝、地方5戦3勝、重賞5勝)。

 日本調教馬の海外G1制覇は、今年3月のハーツクライ(ドバイシーマクラシック-首G1)に続き14勝目(11頭目)で、地方所属馬としては史上初の快挙となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す