スマートフォン版へ

JRA現役最高齢のサイモントルナーレが引退 オーナー澤田氏「よく頑張ったね」

  • 2018年04月19日(木) 13時45分
 JRAの現役最高齢のサイモントルナーレ(牡12、美浦・加藤和宏厩舎)が、4月18日付の登録抹消を以て引退することがわかった。長期に渡り長距離の重賞戦線を盛り上げ、昨年のステイヤーズSなど、藤田菜七子騎手も3度騎乗した。2006年生まれで、同世代にはロジユニヴァースブエナビスタなど。

 サイモントルナーレ父ゴールドアリュール母ユーモレスクその父アフリートという血統。2009年3月21日中山6R・3歳新馬でデビュー、初勝利は同年7月4日福島7R・3歳未勝利。2013年に格上挑戦した丹頂S(OP)を勝ってオープン入りした。その後も走り続け、2018年の日経賞(15着)が最後のレースとなり、通算成績は78戦4勝。馬名の意味は「冠名+おかえりなさい(伊)」。

 今後はJRA馬事公苑にて乗馬として調教を始める。

【オーナー・澤田昭紀氏のコメント】
 無事に引退し馬事公苑に行く、という想いが叶い実に嬉しいです。多くのファンにも喜んでもらえるでしょう。トルナーレ号には「おかえり。よく頑張ったね」と声を掛けたいと思います。誘導馬の夢もありますが、まずはゆっくりさせてあげたい。

加藤和宏調教師のコメント】
 実はあと一戦、ダートでラストランを計画していました。いつも驚くほど元気です。12歳にして毎日、自ら進んで調教コースに向かっています。馬事公苑でも優等生ぶりが認められて、やがて誘導馬になってほしい。本当に感無量です。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す