スマートフォン版へ

黒岩悠騎手が13年ぶり平地オープン級騎乗 キタサンブラックの調教を担当

  • 2018年04月19日(木) 17時25分
 19日、今週末の中央競馬の出走馬・騎手が確定した。

 21日の東京11R・オアシスS(OP・ダ1600m)のトラキチシャチョウ(牡7、栗東・服部利之厩舎)には栗東・黒岩悠騎手が騎乗する。黒岩騎手の平地オープンクラスの騎乗は2005年の小倉2歳S(カシノハーバー)以来13年ぶり、オープン特別は2003年のひまわり賞(シャインフォーマー)以来15年ぶりの騎乗となる。

 黒岩騎手は1983年10月26日生まれ、高知県出身。2002年にデビューし、平地障害合わせてJRA通算は52勝。GI・7勝を挙げたキタサンブラックの調教をデビュー前から引退まで担当していた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す