スマートフォン版へ

英ダービーへ向け急浮上 ヤングラスカルがチェスターヴァーズ優勝

  • 2018年05月14日(月) 11時00分
 英国と愛国の各地で連日のように、6月2日にエプソムで行われるG1英ダービー(芝12F6y)へ向けたプレップレースが行われているが、中でも最も印象的なレースを見せたのが、9日にチェスターで行われたG3チェスターヴァーズ(芝12F63y)を制したヤングラスカル(牡3、父アンテロ)である。

 仏国産馬のヤングラスカルは、13年のG1仏ダービー(芝2100m)勝ち馬アンテロの初年度産駒の1頭で、アルカナ8月1歳市場にて21万5千ユーロ(当時のレートで約2450万円)で購買され、96年の英ダービーをシャーミットで制しているウィリアム・ハガス厩舎に入厩。昨年11月にノッティンガムのメイドン(芝8F75y)でデビュー2着に敗れると、この1戦をもって2歳シーズンを終了。今季初戦となったニューバリーのメイドン(芝11F)を5馬身差で制し、初勝利を挙げて臨んだのがG3チェスターヴァーズだった。

 ジェームズ・ドイルが騎乗したヤングラスカルは、10頭立ての5番手内埒沿いでレースを進めると、残り2Fから馬群の外に持ち出して追い込んで快勝。重賞初制覇を果した。

 この結果を受けブックメーカー各社は、英ダービーへ向けた前売りで同馬を、オッズ10〜13倍の2番人気に浮上させている。

 目下、前売り市場をリードしているのは、デビューから無敗の4連勝で5月5日のG1二千ギニー(芝8F)を制した、日本産ディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3)で、オッズ1.8倍〜2倍という1本被りの人気となっている。

 なお英国ダービーは、グリーンチャンネルで生中継(6月2日、24時〜25時)される予定だ。

(文:合田直弘)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す