スマートフォン版へ

ダービーが荒れるとしたら…?「2つのパターン」で見つかる穴馬/日本ダービー予想

  • 2018年05月22日(火) 12時00分
 競馬の祭典・日本ダービーまであと5日。皐月賞は挫跖で回避したもののここまで無敗の2歳王者・ダノンプレミアム、その皐月賞を制したオルフェーヴル産駒・エポカドーロ青葉賞を快勝して優先出走権を手にしたゴーフォザサミットなど、今年も好レースが期待できる一戦。

 ひと足早くダービーの展望をお届けする、日替わり企画の第7弾。今回登場するのは、スポニチの看板記者で通称“万哲”の小田哲也氏。

 今年のダービーの見立ては「荒れ相場」。どのような馬が人気薄で激走するのか、そして今年のダービー出走馬ではどの馬に注目すべきなのか。氏の鋭い視点で解説してもらった。

◆“エイシンフラッシュ”や“フサイチコンコルド”が高配当の使者

 ダービーは過去10年、1番人気が4勝、2番人気が2勝、3番人気が3勝で傾向上は荒れにくいGI。ただ今年は皐月賞が3連単37万馬券。想定オッズも割れ、荒れ相場が妥当か。

 過去10年で唯一4番人気以下の馬が勝った年は、7番人気エイシンフラッシュが勝った2010年。2着ローズキングダムが5番人気で、1番人気ヴィクトワールピサが3着でも3連単15万馬券の高配当。

 フラッシュは京成杯を1番人気で勝ちながら、若葉Sを鼻肺炎で回避し、ぶっつけの皐月賞は11番人気と評価急落で3着。今思えば、皐月賞前に1戦使えない誤算がローテ上はゆとりに。ダービーまでに何らかの狂いが生じ、完全燃焼していない=余力が残って激走。これがフラッシュ型の「Aパターン」の穴馬。すみれS1着後、プリンシパルSを輸送熱で使えず、7番人気で制した96年フサイチコンコルドも同型。

 2010年のダービー2着馬ローズキングダムは、朝日杯FSまで無傷3連勝。順調なローテを歩んだが、スプリングS3着→皐月賞4着と下降し、ダービーでは5番人気に甘んじた。実績があるのに、近走が嫌われて人気下降の「Bパターン」は結構多い。

 ダノンプレミアムはローテ的には「Aパターン」だが、人気必至。「A」該当の注目馬は共同通信杯(10着)の馬体減を立て直し、皐月賞パスで京都新聞杯Vのステイフーリッシュ共同通信杯での7着完敗から結果的に皐月賞(6着)が直行となったグレイルは脚を測るような競馬で完全燃焼していない。不気味な面はある。

「Bパターン」の筆頭格はワグネリアン。前2戦の敗戦でオッズは買い頃か。ジャンダルムタイムフライヤーもBタイプ。皐月賞が負け過ぎと見ると痛い目に遭う恐れも。


 これまでに好配当を演出してきた"2パターンの穴馬"の激走はあるのか。今週末の日本ダービーで万哲が狙う穴馬に期待したい。

 なお、日本ダービー予想特集ページにて、小田哲也氏ら人気予想家3名がひと足早く日本ダービー有力馬を独自の視点で解説中! 今週末のダービー予想に役立つヒントになること間違いなし!さらに、予想特集ページにてみなさまにウマい馬券で予想がみられるポイントを毎日プレゼント中! ポイントはダービー当日までの中央・地方全てのレースに使えます。毎日チェックしてポイントを受け取ろう!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す