スマートフォン版へ

【POG】グランアレグリアに藤沢和師「楽しみ」 母は米G1・2勝の良血馬

  • 2018年05月30日(水) 06時00分
 「新馬戦」(6月3日、東京)

 すっかり定番となった6月東京開催の新馬戦。毎年出走馬のレベルが上がり、素質馬がエントリーしているが、18年も将来を有望視されている器がデビューする。

 6月3日東京5R(芝1600メートル)で初陣を迎えるグランアレグリア(牝、美浦・藤沢和)はディープインパクト産駒母タピッツフライは12年ファーストレイディS、同年ジャストアゲイムSと米国G1・2勝をマークしている。「母親の血統がいいからね。楽しみだよ」と藤沢和師はうなずく。

 3月30日に美浦へ入厩。それから、ここを目標にじっくり仕上げてきた。師は「入厩当初は気性のきつさが見られたものの、今は穏やかになっている」と成長を口にする。学習能力が高く、環境に適応する順応性がある。

 27日は美浦坂路で追われ4F55秒9-40秒9-12秒6を記録。追うごとに動きは素軽くなっている。「ここまで順調だし、走りもいい。頑張ってもらわないとな」と力を込める。まずは初戦を突破し、その先にある高みを目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す