スマートフォン版へ

グランアレグリアなど、新馬戦厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2018年06月01日(金) 10時30分
 今週から始まる新馬戦に美浦から出走する注目馬3頭について、関係者に話を聞いた。

■6月2日(土)東京5R 牝馬限定 芝1600m
クイーンズテイスト(牝2・美浦・菊沢隆徳父キングカメハメハ母セコンドピアット、母父ハーツクライ)
菊沢調教師
「馬体重は460キロくらいでしょうか。スイッチが入りやすいところがありますが、落ち着きを保てるように工夫して調整しています。ただ走り出したら素直ですし、良い動きをします。今週(5/30)は併せ馬で追い切って、馬なりでしたが、動きは良かったです。この時期の2歳にしては能力はありますね。

 ゲートの反応は良いですけど、体の使い方から小脚を使えなさそうな感じなので、スムーズな競馬ができればと思います」


■6月3日(日)東京5R 芝1600m
グランアレグリア(牝2・美浦・藤沢和雄父ディープインパクト母タピッツフライ、母父Tapit、母は芝8Fの米G1・2勝
馬)
津曲調教助手
「入厩して1度体が細くなりましたが、4月8日に初時計を出して以来、時間をかけてじっくり乗り込んできて逞しくなってきました。追い切りでも古馬相手にひけを取らない動きをしていますし、スピードもありますね。前向きですし、ゲートも速いので初戦から期待しています」


■6月3日(日)東京6R 芝1400m
シャドウセッション(牡2・美浦・鹿戸雄一、父ストロングリターン母アンコールピース、母父ネオユニヴァース、曾祖母が名牝ダイナアクトレス)
鹿戸調教師
「ゲートの出は普通ですし、特に問題ありません。予定通りに調整できていますし、調教でも反応も良く、スピードがありますね。真面目に走る馬なので、初戦から力を出してくれそうです」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す