スマートフォン版へ

スカーレットブーケが30歳で死亡 ダイワスカーレット、ダイワメジャーらの母

  • 2018年07月13日(金) 20時23分
 社台ブルーグラスファームにて功労馬として繋養されていたスカーレットブーケが12日、老衰のため死亡していたことがわかった。30歳だった。社台ファームが明らかにした。

 スカーレットブーケ父ノーザンテースト母スカーレットインクその父Crimson Satanという血統、1988年生まれ。同世代にはトウカイテイオーヤマニンゼファーイソノルーブルナイスネイチャなどがいる。現役時代は栗東・伊藤雄二厩舎に所属。1991年のクイーンCなど重賞を4勝し、桜花賞4着、エリザベス女王杯(当時は4歳[旧年齢表記]限定)3着とGIでも好走した。通算成績は21戦6勝。

 引退後は日本競馬史に残る名繁殖牝馬となる。まず、1998年生まれのダイワルージュ(牝、父サンデーサイレンス)が2000年の新潟3歳Sで産駒の重賞初勝利。続くGI・阪神3歳牝馬Sでも2着となった。2001年生まれのダイワメジャー(牡、父サンデーサイレンス)は2004年の皐月賞でGI初勝利、その後通算でGIを5勝する名マイラー・中距離馬に。そして2004年生まれのダイワスカーレット(牝、父アグネスタキオン)は12戦8勝・2着4回でGIを4勝、2008年の有馬記念を牝馬として37年振りに制する名牝となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す