スマートフォン版へ

【函館2歳S】4センチ差大接戦制した!アスターペガサス&小崎執念の重賞初V

  • 2018年07月23日(月) 06時08分
 「函館2歳S・G3」(22日、函館)

 アスターペガサスの背で、小崎は夢中でステッキを振るい、そして懸命に手綱を押した。ゴール直前、内外離れたたたき合い。最後は執念で約4センチ差の接戦を制した。

 デビューから度重なるケガに苦しみ、11回目の挑戦で念願の重賞初V。小崎は「今までにないくらいうれしい。届いてくれと思って必死に追いました。勝っていると思っていなかったのでホッとしました」と満面の笑みを浮かべた。

 ゲートで後手に回り、序盤は後方2番手。それでも焦らずに運べたのは、パートナーへの信頼からだ。「新馬から続けて乗せていただけましたしね。馬がすごく良くなっていたので、レースが楽しみになるくらい自信があった」とキッパリ。先週のJRA通算100勝達成に続く活躍に「いい結果を出せて良かった」と胸を張った。

 中竹師は「間に合わないと思ったけどね。ゲートの癖を知っているから慌てなかったんだろうね」と人馬の奮闘をたたえた。今後は週明けに放牧に出て、間に1、2戦挟んで朝日杯FS(12月16日・阪神)を視野に入れる。「距離の融通も利くと思う。能力も伸びしろもある」と師。重賞Vでつかんだを自信を胸に、人馬ともさらなる飛躍を遂げる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す