スマートフォン版へ

【英・キングジョージ】ポエッツワードがマッチレース制しV、スタウト師は管理馬ワンツーでレース6勝目!

  • 2018年07月29日(日) 06時00分
 28日、イギリスのアスコット競馬場で行われたキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1・芝2400m・7頭)は、後方からレースを進めたJ.ドイル騎手騎乗のポエッツワード(牡5、英・M.スタウト厩舎)が、3番手から抜け出したW.ビュイック騎手騎乗のクリスタルオーシャン(牡4、英・M.スタウト厩舎)との、完全に後続を離したマッチレースをクビ差制し優勝した。勝ちタイムは良馬場で2.25.84。

 3着はクリスタルオーシャンから9馬身離れてO.ペリエ騎手騎乗のコロネット(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)が入った。なお、欧州の古馬王者・クラックスマン(牡4、英・J.ゴスデン厩舎)は、馬場状態次第で出走の可能性があったが、良馬場となったことにより回避した。

 ポエッツワードは父Poet's Voice母Whirly Birdその父Nashwanという血統。G1ではいまいち勝ち切れないレースが続いていたが、前走のプリンスオブウェールズS(G1・芝2000m)でクラックスマンを破りG1初制覇、さらに今回の勝利で大レースを連勝と本格化を迎えた。通算成績は17戦7勝。また、同馬を管理するマイケル・スタウト師はこのレース6勝目となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す