スマートフォン版へ

タワーオブロンドン半弟が欧州最高の1歳馬市場に上場

  • 2018年08月20日(月) 10時50分
 10月9日から11日までイギリスのニューマーケットで行われる、ヨーロッパ最高の1歳馬市場「タタソールズ・オクトーバーセール」の上場予定馬が発表になり、日本の現役馬タワーオブロンドン(牡3、父レイヴンズパス)の半弟が上場されることが明らかになった。

 全部で519頭がカタログに記載された中、初日の9日に上場番号122番として登場する牡馬が、その馬である。

 藤沢和雄厩舎に所属し、2歳11月にG2京王杯2歳S(芝1400m)、3歳4月にG3アーリントンC(芝1600m)を制している他、2歳12月にG1朝日杯フューチュリティS(芝1600m)で3着となっているタワーオブロンドンは、ダーレージャパンが生産した日本産馬だ。

 同馬の母スノーパインは、タワーオブロンドンを出産後にイギリスに帰国。16年の種付けシーズンに、15年の欧州年度代表馬ゴールデンホーンを交配されて受胎し、16年のタタソールズ12月牝馬市場にゴドルフィンからの上場馬として登場。バロンズタウン・スタッドが26万ギニー(当時のレートで約3960万円)で購買し、17年3月5日に生まれた牡馬を、バロンズタウン・スタッドがオクトーバーセールに上場してきたのである。

 父ゴールデンホーンは、今年の1歳世代が初年度産駒となる注目の新種牡馬だ。日本の重賞勝ち馬の弟に、イギリスのマーケットがどのような評価を下すかに注目が集まっている。

(文:合田直弘)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す