スマートフォン版へ

【米・パシフィッククラシック】アクセラレートが12馬身差で人気に応える/海外競馬レース結果

  • 2018年08月20日(月) 17時00分
 18日にアメリカのデルマー競馬場で行われたパシフィッククラシック(G1・ダ2000m・7頭)は、好位でレースを進めたJ.ロザリオ騎手騎乗のアクセラレート(牡5、米・J.サドラー厩舎)が、道中で先頭に立つとそのまま後続を突き放し、最後は12.1/2馬身差をつけ圧勝した。良馬場で勝ちタイムは2:01.83。

 2着にはパヴェル(牡4、米・D.オニール厩舎)、3着には3.3/4馬身差でプライムアトラクション(牡5、米・T.キャシディ厩舎)が入った。

 アクセラレートは父Lookin At Lucky母Issuesその父Awesome Againという血統。これでG1は3勝目。11月3日にアメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行われるブリーダーズCクラシック(G1・ダ2000m)では3歳馬グッドマジックに次ぐ人気となっている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す