スマートフォン版へ

【JRA】「UMACA投票」を利用する在席型キャッシュレス投票サービス「UMACAシート」を導入

  • 2018年08月21日(火) 15時30分
 9月22日に東京競馬場でキャッシュレス投票用ICカード「JRA-UMACA(ウマカ)」がスタートする。それに併せ同日の同競馬場から、専用の指定席に座ったまま「UMACA投票」を楽しめる「UMACAシート」も導入される。20日、JRAが発表した。

「UMACAシート」では、座席の投票用端末(パソコンまたはタブレット)で馬券購入のほか、当日の購入履歴の確認などができる。また、端末には手のひら静脈認証機能が用いられており、安全に利用ができる。利用には「JRA-UMACA」が必要になる。

JRA-UMACA」は現金投票、電話・インターネット投票に続く、新たな投票サービス。払戻金は即時で自動チャージされ、入金したお金や返還金はJRA-UMACA残高として自動的に管理される。「特にご注意いただきたいこと」としては、20歳以上の方のみが登録が可能であること、入金したお金が「投票専用残高」として管理され出金することができないことが挙げられている(払戻金・返還金は「精算可能残高」として管理され、開催日に専用の入出金機から出金できる)。

 現在i-Seatがある競馬場・ウインズは「UMACA投票」の導入に合わせて順次i-Seatから「UMACAシート」への切替えを行っていく。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す