スマートフォン版へ

米国で無傷連勝中のカタリーナクルーザー、今後はBC&ペガサスWCを目標

  • 2018年08月27日(月) 11時30分
 25日に北米西海岸のデルマー競馬場で行われたG2パットオブライエンS(d7F)は、オッズ1.2倍の圧倒的1番人気に推されたカタリーナクルーザー(牡4、父ユニオンラッグス)が、2着以下に7.1/4馬身差をつける快勝。デビューから継続している連勝記録を“4”に伸ばした。

 超大型馬のため仕上げに手間取り、デビューが3歳10月まで遅れたのがカタリーナクルーザーだ。サンタアニタのメイドン(d6F)で緒戦勝ちを飾ったものの、レース中に膝に剥離骨折を発症し、再び戦列を離れることになった。

 ようやく復帰したのが今年5月で、サンタアニタの条件戦(d6F)を快勝。次走は7月22日のデルマー開催に組まれていた一般戦の予定だったが、出走頭数が揃わずに不成立になり、やむなく前日の21日に組まれたG2サンディエゴH(d8.5F)に出走。ここを6.3/4馬身差で制し、デビューから3連勝で重賞初挑戦初制覇を飾っていた。

 パットオブライエンSも勝って無敗の4連勝を果たした同馬は今後、11月3日にチャーチルダウンズで行われるG1BCダートマイル(d8F)を目標に調整される予定。同馬を管理するジョン・サドラー調教師は、「順調に行けば、その後の目標は1月26日にガルフストリームパークで行われるG1ペガサスワールドC(d9F)になる」とコメントしている。

(文:合田直弘)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す