スマートフォン版へ

アメリカのチャド・ブラウン調教師(39歳) サラトガ開催の歴代最多勝記録を樹立

  • 2018年09月03日(月) 11時50分
 9月1日(土曜日)にアメリカ・ニューヨーク州のサラトガ競馬場で行われた開催の、第6競走に組まれたメイドン(芝8.5F)を、オッズ3.6倍の2番人気に推されていたスピリットアニマル(牡2、父レモンドロップキッド)が優勝。

 同馬を管理するチャド・ブラウン調教師(39歳)は、今年のサラトガ開催における通算勝利数が41に到達。2016年にブラウン師自身が、2017年にはトッド・プレッチャー調教師がマークした40勝を上回り、サラトガ開催における歴代最多勝記録を樹立した。

 今年のサラトガ開催は7月20日(金曜日)に開幕。翌21日(土曜日)に行われたG1ダイアナS(芝9F)を管理馬シスターチャーリー(牝4、父マイボーイチャーリー)で、8月4日(土曜日)に行われたG1テストS(d7F)を管理馬セパレーションオヴパワーズ(牝3、父キャンディライド)で制するなど、ブラウン厩舎は開催前半から好調ぶりを示していた。

 なお1日のブラウン厩舎は、第8競走の条件戦(芝8F)をハイジーム(セン3、父シティージップ)で、第9競走のG3サラナックS(芝9F)をレイジングブル(牡3、父ダークエンジェル)で制し、開催通算勝ち星を43まで伸ばしている。

 今年のサラトガ開催は、3日(月曜日)をもって、40日に及んだ開催の幕を閉じる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す