スマートフォン版へ

【コリアカップ】ロンドンタウンが連覇 馬なりのまま大差勝ちの大楽勝!

  • 2018年09月09日(日) 19時05分
 「コリアカップ・韓国G1」(9日、ソウル)

 第1回の16年から2年連続で日本馬がワンツーを決めているダート1800メートルの一戦。13頭立てで行われた今年は日本から1頭の参戦となったが、ロンドンタウン(牡5歳、栗東・牧田和弥厩舎)が力の違いを見せつける大差勝ちでレース連覇を決めた。

 向正面で早々と先頭に立つと、3角から徐々に後続を引き離しはじめ、直線でもその差は広がる一方。最後は10馬身以上引き離し、楽々とレコードを更新する1分50秒6の勝ち時計でゴールを駆け抜けた。

 「去年と違って馬が落ち着いてリラックスしていた。ペースが遅かったので向正面で迷わず行った。全く無理せず馬なり。4角でビジョンを見たら、(後続が)何も映っていなかった(笑)」。大楽勝を振り返った岩田は「来年も呼ばれたら、また来たいね」と早くも3連覇に意欲を見せた。

 韓国最高賞金の1着約5700万円をゲット。牧田師は「馬の気分に任せて、ジョッキーがうまく乗ってくれましたね。先頭に立ってからは安心して見ていられました。着差はちょっと開き過ぎですね。来年もぜひ招待してほしい」と笑顔で話していた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す