スマートフォン版へ

【コリアスプリント】モーニンが逆境をはねのけてV

  • 2018年09月09日(日) 19時00分
 「コリアスプリント・韓国G1」(9日、ソウル)

 13頭立てで行われたダート1200メートル戦(1着賞金約3990万円)。日本のG1馬モーニン(牡6歳、栗東・石坂正厩舎)が底力を見せつけて、昨年のグレイスフルリープに続く日本馬連覇を決めた。

 スタートダッシュが利かず、道中は後方集団を追走。直線に入っても厳しい位置取りに見えたが、外から一気に脚を伸ばして残り100メートル付近で先頭に立つと、最後は追いすがる2着馬を頭差抑えて海外G1初勝利を手にした。

 豪州、韓国など各国で活躍している鞍上の藤井勘一郎騎手は「もっと前につけたかったが、初めての千二、韓国のテンのスピードについて行けなかった。外から香港馬にかぶされ、一番嫌な展開に。スタートから追い通しで、最後まで気が抜けなかったけど、馬が頑張ってくれた」とホッとした様子。石坂正調教師は「厳しい流れを克服できたのは馬の底力。道中でもまれ込んだ時はアカンと思ったほど。でも残り200メートルで何とかなるかなと。この経験を日本で生かしてほしい」と話していた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す