スマートフォン版へ

【スプリンターズS】キャンベルジュニア 素軽い 大舞台で短距離の名血が開花

  • 2018年09月28日(金) 06時00分
 「スプリンターズS・G1」(30日、中山)

 下克上を狙うキャンベルジュニアは27日、美浦Wで単走。水分を含んで重くなったチップをものともせず、力強い走りで4F52秒9-38秒4-12秒7を計時した。森助手は「1週前にブリンカー装着で追って、素軽くなりました。今週は着けずに単走でも、先週より動きが良くなっています。レースでは着用する予定」と上積みを強調。馬具効果で一段階上の推進力と集中力を得られそうだ。

 前走のキーンランドCは4着。「外枠もあり、外めを回らされてのもの。それでも2着馬とは差のない競馬ですから。今回はG1ですが、素質のある馬なので上位争いしてもおかしくない」。母メリトは豪州のスプリントG1を勝利。大舞台で短距離の名血が開花するか。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す