スマートフォン版へ

【毎日王冠】アエロリット圧逃V 導いたモレイラ「間違いなくまたG1を勝てる」

  • 2018年10月08日(月) 06時01分
 「毎日王冠・G2」(7日、東京)

 名手モレイラに導かれ、鮮やかに逃げ切った。1番人気に推された紅一点のアエロリットが、12頭の牡馬を寄せつけず、昨年のクイーンS以来3つ目の重賞タイトルをゲット。秋初戦を快勝し、G1戦線へ向けて弾みをつけた。2着は3番人気のステルヴィオ、大接戦の3着争いは昨年の菊花賞馬で、6番人気のキセキが制した。

 後続はどうにか影を踏むまでで精いっぱい。紅一点アエロリットが牡馬12頭を従え、東京芝1800メートルを圧巻の逃げで制圧した。

 好スタートを切ると、他馬の出方をうかがいながらじわりとハナへ。モレイラの手綱に導かれ、前半1000メートル59秒0のハイペースとなったが、直線に向いても余力は十分だ。坂上でも脚色は衰えず、外から迫ったステルヴィオに1馬身1/4差をつけて完勝。刻まれた1分44秒5は、コースレコードに0秒3差に迫る好タイムだった。

 「先頭に立ったら馬がリラックスして折り合い、スムーズな競馬ができた。追いだした時には反応がしっかりしていて、さすがG1を勝っている特別な牝馬だと思った」と“マジックマン”は過去の競馬をVTRで研究し、抱いた印象そのままの走りを絶賛。「間違いなく、またG1を勝てる」と太鼓判を押した。

 一方、菊沢師は「直線が長く感じた」とホッとした表情をのぞかせる。今回は前走から6キロ増の508キロと過去最高体重での出走。「精神面や丈夫さ、トータル的にバランス良く上がってきた」。今がまさに充実期と言っていいだろう。

 次走はマイルCS(11月18日・京都)が有力視されるが、師は「オーナーと相談します」と話すにとどめた。いずれにしても夢を広げた秋初戦。さらなる大舞台でも、引き続き主役を張ることになりそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す