スマートフォン版へ

【府中牝馬S】リスグラシュー勝ち馬に脱帽 矢作師も渋い表情

  • 2018年10月14日(日) 05時59分
 「府中牝馬S・G2」(13日、東京)

 2番人気のリスグラシューが2着。中団から上がり3F32秒6の豪脚を使ったが、ゴール寸前で勝ち馬の強襲に遭い首差かわされた。

 M・デムーロは「残念。2完歩分、距離が長かった。最後まで伸びているけど、勝った馬は強過ぎるよ」と脱帽。斤量56キロの勝ち馬に対し、こちらは54キロ。矢作師は「2キロもらいながら、負けてはいけなかった」と渋い表情。「次は(短期免許が取れれば)モレイラで、エリザベス女王杯(11月11日・京都)へ」と話した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す