スマートフォン版へ

【JRA】ユーキャンスマイル友道師「母で獲れなかったGIを息子で獲りたい」/菊花賞共同会見

  • 2018年10月17日(水) 20時50分
ユーキャンスマイルを管理する友道康夫調教師

――今朝の追い切りについて教えてください。
友道 豊ジョッキーが乗るのは毎日杯以来だったんですけれども「本当に馬がしっかりしてきて良くなったね」と言ってくれました。

――友道さんの目から見ていかがですか?
友道 しっかりしてきたと思います。

――前走、勝った新潟の阿賀野川特別を振り返ってください。
友道 この馬も右にもたれるところがあるので、前走は初めての左回りで心配しました。でも、まっすぐ走っていたし、最後までスムーズな競馬をしていたので良かったと思います。

――この中間、レース間隔があいた理由は?
友道 もともと阿賀野川特別で勝てれば間隔を空けて菊花賞に行こうと思っていたので、予定どおりです。

――前走がプラス8キロ。今回は?
友道 若干、増えていると思います。

――昨年のポポカテペトルと同じローテーションですが踏襲したのでしょうか?
友道 昨年もそれでいい結果が出ている(3着)ので、そういうのは頭にありました。

――3000mの適性は?
友道 血統的にも体型的にも長距離は全く問題ないと思います。

――このレースを勝てば友道さん自身が三冠トレーナー(皐月賞アンライバルド日本ダービーワグネリアン)となりますが?
友道 まぁ、僕のことはいいですから、馬に(GIを)獲らせてあげたいですよね。

――最後に意気込みを。
友道 お母さん(ムードインディゴ)がうちにいた馬なんです。お母さんはGIのタイトルは叶いませんでしたけれど、なんとか息子で獲りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す